酵素ドリンクの作り方について

酵素とは、人間が摂取した食べ物を消化吸収するために必要な栄養素で、体内で生成される成分です。しかし、一生にのうちに生成できる酵素は決まっているとされ、年齢とともに作られる量が減少してしてしまいます。食べ物などで摂取しようとすると、熱に弱いため加熱調理することで外側から取り入れようとするにも難しい成分なのです。
酵素ドリンクとは、体内で生成できないなら外側から補給するために作られた飲料になります。
自宅にある野菜やフルーツで酵素ドリンクは簡単に作ることができ、気軽に取り入れることができるのです。
作り方としては、野菜やフルーツなどを水洗いをし、皮ごと発酵しやすいように切り分け、煮沸消毒したビンにそれを入れて、材料と砂糖を1:1の割合で交互に入れておきます。日の当たらない発酵する温度の場所で保管し、一日二回毎日空気に触れるようにかき混ぜます。この時、きれいに洗った手でかき混ぜることによって発酵を促すことが出来るようになります。発酵が完了すると材料が浮き泡が出てきます。この液を漉して炭酸で割ったりするなどで楽しむことができます。

酵素ドリンクランキング